〜口コミ体験談で評判の白髪染めを徹底比較!〜

泡(ムース)タイプの白髪染め

泡(ムース)タイプの白髪染め
泡タイプの白髪染め

コストや通う手間もかからないことから、美容院で白髪染めをするよりも、自宅で白髪を染める方が増えています。

そして今では、家庭でもより手軽に素早く白髪を染めることができるように、いろいろなタイプの白髪染めが市販されています。その中でも人気なのが泡(ムース)タイプの白髪染めです。このページでは、泡(ムース)タイプ、フォームタイプの白髪染めについて紹介していきます。


「泡(ムース)タイプ、フォームタイプの白髪染め」
泡タイプ、フォームタイプの白髪染め

泡(ムース)タイプ、フォームタイプの白髪染めは、使い勝手のよさが人気で、名前の通り泡で染めます。メリットは、液状タイプの白髪染めやクリームタイプと違い、くしやコーム等で伸ばす必要がないところです。

くしやコームを使うと、確認しずらい後頭部の部分などがムラになってしまったり、染めにくいといったデメリットがありましたが、泡タイプは、染料の浸透性が高く、髪の内部まで行き届くためその心配もありません。


「泡(ムース)タイプ、フォームタイプの白髪染めの使い方」
泡タイプ、フォームタイプの白髪染めの使い方

泡(ムース)タイプ、フォームタイプは、シャンプーのように全体的に揉み込むだけで難しい生え際や後頭部なども綺麗に染め上がるので慣れてない方や初心者の方でも使いやすいのでお勧めです。

ボトルをワンプッシュするだけで泡が出てくるので、とても簡単でお手軽に使うことが出来ます。小分けが出来るタイプもあるので、部分的に白髪染めをやりたい方や生え際だけ染めたい方にも最適です。


「泡(ムース)タイプ、フォームタイプの白髪染めの注意点」
泡タイプ、フォームタイプの白髪染めの注意点

泡タイプ、フォームタイプのデメリットは、液状タイプの白髪染めより液だれしにくいのですが、泡が軽いため周りに飛び散ることがあります。

また、他のヘアカラータイプよりも内部の浸透性は高く、色も長く持ち綺麗に染まりますが、その分、頭皮や髪の毛を傷めることになります。

成分は化学染料なので、頭皮の弱い方や髪の毛が弱い方は控えた方が良いでしょう。白髪を染める前には、きちんとパッチテストをしてアレルギー反応がないかを確認してから使用するようにしましょう。


「泡(ムース)タイプ、フォームタイプの白髪染めをする前に」
泡タイプ、フォームタイプの白髪染めをする前に

泡(ムース)タイプの白髪染めは手軽で簡単に出来ますが、きちんと周りに新聞紙などでカバーして白髪染めを行いましょう。

肩などに着かないようにケープも用意すると良いでしょう。また、髪に手を入れて揉み込んで染めるので、きちんと手袋をします。

なお、染料は落ちにくいので、白髪染めを行う際は、周りの肌に染料がつかないように注意しましょう。

耳の周りや顔の周り、首などには、油性クリームを塗っておくことをお勧めします。そうすることによって、間違えて染料が肌についた場合でも、すぐに洗い流すことが出来ます。


利尻ヘアカラートリートメント髪、頭皮を傷めない利尻昆布の白髪染め!
利尻ヘアカラー

利尻ヘアカラートリートメントは、髪や頭皮を傷めない完全無添加の白髪染め。口コミでの評判は、1回5分で簡単に美しく染まるという即効性。シャンプー後のトリートメント感覚で使うだけだから、いつでも理想のカラーでいられます。

利尻昆布の白髪染めは、トリートメント効果も期待できます。利尻昆布などの天然トリートメント成分が、髪をツルツル・つやつやに仕上げてくれます。そのうえ、超低刺激なので手袋など着用せず素手のまま使える手軽さも魅力です。



免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。また、著作権は放棄しておりません。

Copyright(c) 2010 白髪染めの口コミ・評判ランキング | 染め上がりを体験して徹底比較! All Rights Reserved.
【白髪染め】 種類 ヘアカラー  クリーム 液状 ヘアマニキュア シャンプー トリートメント カラースプレー パッチテスト 初心者 準備

【白髪】 原因 予防 予防に効く食べ物 生え始める年齢 抜く?切る? 抜くと増える? 【若白髪】 原因と対策