〜口コミ体験談で評判の白髪染めを徹底比較!〜

クリームタイプの白髪染め

クリームタイプの白髪染め
クリームタイプの白髪染め

家庭で白髪染めをするなら、手間がかからず簡単にできるにこしたことはありませんが、仕上がりにもこだわりたいものです。

現在は、泡タイプの白髪染めやシャンプータイプの白髪染めなどありますが、家庭用白髪染めの多くはクリームタイプと呼ばれるもの。

このページでは、クリームタイプの白髪染めの特徴や使い方を紹介していきます。白髪染めを選ぶ際の参考にして下さい。


「白髪染め クリーム」
白髪染めクリーム

クリームタイプの白髪染めは、誰にでも簡単にしっかりと白髪を染めることができるので、特にはじめての方にはオススメのタイプです。

一般にクリームタイプの白髪染めの方法は、説明書に記載されている分量の1剤と2剤を混ぜ合わせてから髪に塗っていきます。

特に髪の生え際や部分染めに適しており、染め剤も小分けにして使うことができます。種類によっては保存もできるので経済的にもお得です。


「クリームタイプで白髪染めをする前に」
クリームタイプで白髪染めをする前に

クリームな状なので、液状タイプとは違って、液だれの心配はありませんが、飛び散る可能性はありますので新聞紙でカバーします。

また、白髪染めを使用する前に、顔回りや耳などに染料がついてもすぐおとせるように、油性クリームを塗っておくと良いでしょう。

染める前のパッチテストを行い、ケープやタオルなどを用意して、最後に手にも白髪染めクリームがつかないように手袋をきちんとつけます。


「クリームタイプの白髪染め使い方」
クリームタイプの白髪染め使い方

まず、1剤と2剤を混ぜ合わせて染料を作っていきます。そして、ブラシとコートがひとつになったブラシを使い白髪部分に塗っていきます。

生え際や染まりにくい部分から、クリームをたっぷりつけて塗っていき、コームでムラにならないようにまんべんなく伸ばすのがポイントです。

白髪部分をすべて塗り終えたら、決められた時間まで置いた後、仕上げはシャンプーで綺麗に洗い流して完了になります。


「クリームタイプの白髪染めのデメリット」
クリームタイプの白髪染めデメリット

クリームタイプの白髪染めのデメリットは、染料がクリーム状なのでどうしても重くなって、伸びがあまり良くないところです。

そのため、部分染めは問題ないのですが、全体染めになると、どうしても時間や手間がかかってしまいます。

また、使い慣れていないと、ところどころがムラになったりするほか、使用感がベッタリするために苦手な方もいるようです。


「クリームタイプで白髪染めを上手にするには」
クリームタイプで白髪染めを上手にするには

クリームタイプで白髪を上手に染めるには、まず、ヘアカラーなどで全体的に白髪を染てからクリームタイプで仕上げる方法です。

髪が伸びたら生え際など染めたい部分だけクリームタイプでリタッチするようにすることで、手間もかかりませんし、綺麗に仕上がります。

また、そうすることで、髪の毛や頭皮への負担も減りますし、白髪染めによって、カラーされた髪を長く保つことも出来ます。

クリームタイプの白髪染めは、皮膚の弱い方、部分染めをしたいが他の髪には負担をかけたくない方や生え際のリタッチをしたい方には、お勧めのタイプです。


利尻ヘアカラートリートメント髪、頭皮を傷めない利尻昆布の白髪染め!
利尻ヘアカラー

利尻ヘアカラートリートメントは、髪や頭皮を傷めない完全無添加の白髪染め。口コミでの評判は、1回5分で簡単に美しく染まるという即効性。シャンプー後のトリートメント感覚で使うだけだから、いつでも理想のカラーでいられます。

利尻昆布の白髪染めは、トリートメント効果も期待できます。利尻昆布などの天然トリートメント成分が、髪をツルツル・つやつやに仕上げてくれます。そのうえ、超低刺激なので手袋など着用せず素手のまま使える手軽さも魅力です。



免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。また、著作権は放棄しておりません。

Copyright(c) 2010 白髪染めの口コミ・評判ランキング | 染め上がりを体験して徹底比較! All Rights Reserved.
【白髪染め】 種類 ヘアカラー  クリーム 液状 ヘアマニキュア シャンプー トリートメント カラースプレー パッチテスト 初心者 準備

【白髪】 原因 予防 予防に効く食べ物 生え始める年齢 抜く?切る? 抜くと増える? 【若白髪】 原因と対策