〜口コミ体験談で評判の白髪染めを徹底比較!〜

ヘアマニキュアタイプの白髪染め

ヘアマニキュアタイプの白髪染め
ヘアマニキュアタイプの白髪染め

いろいろな家庭用白髪染めの普及によって、美容院などに行かなくても、自宅で簡単に白髪を染めることができるようになりました。

しかし、気になるのが、美容院や理容院などで白髪を染めるのと違って、髪が痛むのではないかというところです。

このページでは、そんな悩みを持った人でも安心して気軽に使用できる、ヘアマニキュアタイプの白髪染めを紹介していきます。


「髪に優しいヘアマニキュアタイプの白髪染め」
髪に優しいヘアマニキュアタイプの白髪染め

白髪染めのヘアマニキュアタイプは、髪に優しいのが特徴で、出来るだけ髪の痛みを少なく白髪を染めたい人に最適です。

ヘアカラータイプをはじめとする白髪染めは、酸化染料が髪の内部から、メラニン色素に色をつける仕組みになっています。

ヘアマニキュアタイプは、髪の毛の表面に酸化染料を浸みこませて色をつけるため、頭皮や髪のダメージが少くなくなります。


「ヘアマニキュアタイプの白髪染めの使い方」
ヘアマニキュアタイプの白髪染めの使い方

使用する前は、顔回りや耳などに染料がついてもいいように油性クリームを塗り、手にもつかないように手袋にケープを用意します。

ヘアマニキュアタイプは、コームから染剤が出るタイプが多いので、髪をとかす感覚で、簡単に白髪を染めることができます。

ヘアカラータイプをはじめとする白髪染めと違い、刺激が少ないので特に敏感肌では無い限り、パッチテストも不要です。


「ヘアマニキュアタイプの白髪染めのメリット」
ヘアマニキュアタイプの白髪染めのメリット

髪の毛の内部への影響が少なく、白髪染めシャンプーと同じようにコーティング効果もあるので、髪にツヤが出て綺麗な仕上がりになります。

表面のみに色が着色するので、染めた後の髪は、黒髪なら微妙に染料の色に変化しいき、白髪は自然な色合いが期待できます。

他の白髪染めと違って、手軽に素早く染めることができるため、急いでいる時や時間がないけど、白髪を隠したい時などに便利です。


「ヘアマニキュアタイプの白髪染めのデメリット」
ヘアマニキュアタイプの白髪染めのデメリット

髪の表面のみに色をつけていくので、白髪と黒髪では染め上がりの色が異なることがあるため、ムラになったように見えることがあります。

そのため、ムラなくしっかりと白髪に色を入れたい人をはじめ、白髪が多い人や色を長持ちさせたい人には不向きです。

ヘアカラータイプなどで白髪を染めた後、定期的にヘアマニキュアで色を入れたりと目的に合わせて使い分けると良いでしょう。


なお、ヘアマニキュアタイプは、ヘアカラーより発色は劣りますが、髪に色をつける強い染料なので、染める際に衣類についてしまうとなかなか落ちないので注意しましょう。


利尻ヘアカラートリートメント髪、頭皮を傷めない利尻昆布の白髪染め!
利尻ヘアカラー

利尻ヘアカラートリートメントは、髪や頭皮を傷めない完全無添加の白髪染め。口コミでの評判は、1回5分で簡単に美しく染まるという即効性。シャンプー後のトリートメント感覚で使うだけだから、いつでも理想のカラーでいられます。

利尻昆布の白髪染めは、トリートメント効果も期待できます。利尻昆布などの天然トリートメント成分が、髪をツルツル・つやつやに仕上げてくれます。そのうえ、超低刺激なので手袋など着用せず素手のまま使える手軽さも魅力です。



免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。また、著作権は放棄しておりません。

Copyright(c) 2010 白髪染めの口コミ・評判ランキング | 染め上がりを体験して徹底比較! All Rights Reserved.
【白髪染め】 種類 ヘアカラー  クリーム 液状 ヘアマニキュア シャンプー トリートメント カラースプレー パッチテスト 初心者 準備

【白髪】 原因 予防 予防に効く食べ物 生え始める年齢 抜く?切る? 抜くと増える? 【若白髪】 原因と対策