〜口コミ体験談で評判の白髪染めを徹底比較!〜

ヘアカラータイプの白髪染め

ヘアカラータイプの白髪染め
ヘアカラータイプの白髪染め

「白髪染めとヘアカラーってどう違うの?」と疑問を呈する白髪染めユーザーの方は、結構多いと思います。

実際の所、どちらも髪の毛を染色するものですし、用途も大体同じです。
ですので、「そもそも白髪染めもヘアカラーも大体同じだろう」といった認識の方もいることでしょう。このページでは、ヘアカラータイプの白髪染めについて紹介していきます。


「白髪染めとヘアカラー」
白髪染めとヘアカラー

白髪染めとヘアカラー、実際のところは別のもの、というよりも二極で分けることはできないのです。

というのも、白髪染めを指してヘアカラーと呼んだり、白髪染めではない、単に髪を染める染料のことをヘアカラーと呼んだりするからです。

早い話、ヘアカラーには白髪を染めることを目的とした「白髪染め用ヘアカラー」と「ただのヘアカラー」があると思って頂ければいいでしょう。


なお、後者の「ただのヘアカラー」は、そのほかに「おしゃれ染め」などとも呼ばれています。


「白髪染め用ヘアカラーとただのヘアカラーの違い」
白髪染めヘアカラーとただのヘアカラーの違い

白髪染め用ヘアカラーと、ただのヘアカラーの違いは何かと言いますと、白髪染め用ヘアカラーは白髪も含める髪の毛を染める染料。

ただのヘアカラーは白髪以外の黒髪を染めるためのものです。つまり、白髪を染めるか染めないかの差があるということです。

そのため、ただのヘアカラーで白髪を染めようとすると、確実に色ムラが出るため、キレイに染め上がりません。


白髪を上手に染めるには、白髪染めを使い分けて使用することです。主に、白髪の多さや長さで決まるかと思いますが、ヘアカラー剤であっても、白髪の本数が少ないうちは色ムラが目立ちにくいので、 白髪染め用ヘアカラーを使わなくても特に問題ないと思います。


白髪染め用ヘアカラーとただのヘアカラー「染色の仕組み」
染色の仕組み

白髪染め用ヘアカラーと、ただのヘアカラーの染色の仕組みは、大体同じと考えてもよいでしょう。

違いは、ブラウン系の色素の多さと言われることがおおく、白髪染め用のヘアカラーのほうがブラウン系の色素が多く含まれています。

白髪染めヘアカラーは、下地となるブラウン系色素が多く含まれているので、白髪も染めることができるわけです。


一般に、白髪染めを販売する企業は「白髪染め用ヘアカラー」であっても、「ただのヘアカラー」であっても「ヘアカラー」と表記しているところが多いです。

しかしながら、パッケージのどこかには白髪染めができるかできないか、しっかりと表記されていると思いますので、自分の用途や目的に合わせて選ぶようにしましょう。


利尻ヘアカラートリートメント髪、頭皮を傷めない利尻昆布の白髪染め!
利尻ヘアカラー

利尻ヘアカラートリートメントは、髪や頭皮を傷めない完全無添加の白髪染め。口コミでの評判は、1回5分で簡単に美しく染まるという即効性。シャンプー後のトリートメント感覚で使うだけだから、いつでも理想のカラーでいられます。

利尻昆布の白髪染めは、トリートメント効果も期待できます。利尻昆布などの天然トリートメント成分が、髪をツルツル・つやつやに仕上げてくれます。そのうえ、超低刺激なので手袋など着用せず素手のまま使える手軽さも魅力です。



免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。また、著作権は放棄しておりません。

Copyright(c) 2010 白髪染めの口コミ・評判ランキング | 染め上がりを体験して徹底比較! All Rights Reserved.
【白髪染め】 種類 ヘアカラー  クリーム 液状 ヘアマニキュア シャンプー トリートメント カラースプレー パッチテスト 初心者 準備

【白髪】 原因 予防 予防に効く食べ物 生え始める年齢 抜く?切る? 抜くと増える? 【若白髪】 原因と対策