〜口コミ体験談で評判の白髪染めを徹底比較!〜

白髪染め時に準備するもの

白髪染めの時に準備するもの
白髪染めの時に準備するもの

近年、いろいろな種類の家庭用白髪染めの普及によって、自分で白髪を染める人が増えています。

慣れている人なら問題ないのですが、初めて白髪染めをする人や、初心者の人は、特に事前の準備は大切になってきます。

このページでは、自分で白髪染めをする際に、事前に準備しておくと便利なアイテムや道具などを紹介していきます。


白髪染めの時に事前に準備するもの
白髪染めの時に事前に準備するもの

白髪染めをする時には、それをサポートするためのアイテムや道具などを一通りそろえておくと何かと便利です。

特に慣れないうちや、イメージ通りに染めたいとき、不慮のトラブルを防ぐためなどに一躍買ってくれるからです。

これらのアイテムや道具には、染めること自体をサポートする、薬剤から皮膚などを守る、身の回りへの色移りを防ぐなどの効果があります。


白髪染め自体をサポートするアイテム
白髪染め自体をサポートするアイテム

白髪を染めること自体をサポートするアイテムには、主に時計、鏡、ヘアクリップ、櫛(コーム)などがあります。

時計は、白髪を染める際の放置時間を図るために、鏡は白髪染めの薬剤をまんべんなく髪に塗るのを確認するため。

また、ヘアクリップは髪をまとめて薬剤を塗りやすくし、櫛は染剤を塗るのを容易にするなど、それぞれ白髪染めをするときに役立ちます。


また、ラップやヘアキャップがあれば放置時間中に巻いておくことで着色が良くなります。放置時間の差や、塗りムラがあるとうまく染まらないので、これらのアイテムはそういったものを防止できます。


白髪染め剤から皮膚などを守るための道具
初心者の白髪染め

染め剤から皮膚などを守るための道具ですが、ゴム手袋、コールドクリーム、拭き物、イヤーカバーなどがそれに当たります。

ゴム手袋は薬剤が最も付着する手を保護し、コールドクリームは頭皮や耳回りなどに塗っておくことで染め剤が落ちやすくできます。

ティッシュやタオルなどの拭き物は、誤って肌などに薬剤が付着したときに、すぐに拭き取るのに使えます。


また、イヤーカバーは染剤が耳に入ったり、耳の粘膜を傷つけないよう保護してくれます。白髪染めの薬剤はかなり刺激が強いので、万が一に備えておきましょう。


身の回りに色移りするのを防ぐためのアイテム
初心者の白髪染め

身の回りのものへの色移りを防ぐアイテムには、新聞紙、ラップ、ケープ、汚れてもいい服などがあります。

風呂場でない場所で白髪を染める時は、床にラップや新聞紙などを敷くことで、薬剤がこぼれた時の床への色移りを防げます。

白髪染めをする時の上着は、暗い色の前開きの服なら、脱ぐときに染料が付きませんし、染料が付いても目立ちにくいです。


なお、ケープなどの服の上にかける布があればなお良いです。または、捨ててもいい服や、白髪染め専用の汚れてもいい服などを用意しておくと便利です。


利尻ヘアカラートリートメント髪、頭皮を傷めない利尻昆布の白髪染め!
利尻ヘアカラー

利尻ヘアカラートリートメントは、髪や頭皮を傷めない完全無添加の白髪染め。口コミでの評判は、1回5分で簡単に美しく染まるという即効性。シャンプー後のトリートメント感覚で使うだけだから、いつでも理想のカラーでいられます。

利尻昆布の白髪染めは、トリートメント効果も期待できます。利尻昆布などの天然トリートメント成分が、髪をツルツル・つやつやに仕上げてくれます。そのうえ、超低刺激なので手袋など着用せず素手のまま使える手軽さも魅力です。



免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。また、著作権は放棄しておりません。

Copyright(c) 2010 白髪染めの口コミ・評判ランキング | 染め上がりを体験して徹底比較! All Rights Reserved.
【白髪染め】 種類 ヘアカラー  クリーム 液状 ヘアマニキュア シャンプー トリートメント カラースプレー パッチテスト 初心者 準備

【白髪】 原因 予防 予防に効く食べ物 生え始める年齢 抜く?切る? 抜くと増える? 【若白髪】 原因と対策