〜口コミ体験談で評判の白髪染めを徹底比較!〜

白髪染めの種類

白髪染めの種類について
白髪染めの種類について

白髪染めは、一般的にわけると、「ヘアカラー」、「ヘアマニキュア」、「一時染め」の3種類に分類することができます。この3種類は同じ白髪染めでも効果や用途が違ってきます。

そのため、白髪染めを購入する時は、まずは自分の白髪染めの用途にあったものを選ぶ必要があります。それぞれに、メリット・デメリットがあるので、特徴をよく確認して、自分にあった種類を選ぶようにしましょう。


ヘアカラー
種類

ヘアカラーは、一般的な白髪染めです。主に1剤と2剤を混ぜ合わせて使うものが多く、種類も液状タイプやクリームタイプなどがあります。

1剤には染毛剤が、2剤には酸化剤が入っていて、髪の内部のメラニン色素を脱色させた後、酸化染料を髪に染みこませて発色させます。

髪に直接染料が入るため、一回でしっかり染まり、持続性も2ヶ月〜と高いので、白髪をしっかり染めたい人や、効果を長持ちさせたい人にオススメです。

ただし、キューティクルを開いて、髪の内部に染料が入るため、頭皮や髪に対する刺激が強く、髪を傷めたり、肌あを起こす可能性があります。


ヘアマニキュア
仕上がり

ヘアカラーとは基本的な仕組みが異なり、ヘアマニキュアは脱色させず、髪の表面に染料を染みこませることによって発色させる仕組みです。

染料も内部浸透させる必要がないので、ヘアカラーに比べると刺激が少なく、髪や頭皮が傷みにくいのが最大のメリットです。

また、髪の表面がコーティングされるので、仕上がりは、髪にきれいなツヤも出ます。ただ、内部に染料を染みこませない分、着色力が弱いのが特徴です。

白髪染めとしての効果も1ヶ月ほどしか持続しませんが、ヘアカラーで肌トラブルを起こした人や、髪の傷みが気になる人にはおすすめです。


一時染め
仕上がり

ヘアカラーやヘアマニキュアのように効果が持続しない、1日限定で白髪を染めるタイプです。白髪染めスプレーやスティックタイプのものが多いです。

一時的に染めるタイプの白髪染めですが、染めると言うよりは髪の表面に一時的に色を塗って、白髪をカバーするという感じです。

シャンプーで洗い流せばすぐに色が落ちるので、染める時間がない時や、一時的な応急処置、リタッチ用には最適といえるでしょう。

ヘアマニキュアよりさらに刺激が少なく、髪や頭皮をほとんど傷めずに済みますが、持続性はないので、効果を持続させたい人や全体染めには向かないタイプです。


免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。また、著作権は放棄しておりません。

Copyright(c) 2010 白髪染めの口コミ・評判ランキング | 染め上がりを体験して徹底比較! All Rights Reserved.
【白髪染め】 種類 ヘアカラー  クリーム 液状 ヘアマニキュア シャンプー トリートメント カラースプレー パッチテスト 初心者 準備

【白髪】 原因 予防 予防に効く食べ物 生え始める年齢 抜く?切る? 抜くと増える? 【若白髪】 原因と対策