〜口コミ体験談で評判の白髪染めを徹底比較!〜

白髪染め パッチテスト

白髪染め前のパッチテスト
白髪染め前のパッチテスト

現在は、いろいろな種類の白髪染めが販売されるようになり、自宅にいながらにして、簡単に白髪を染めることができるようになりました。

ですが、白髪染めの種類によっては、体質やアレルギーなどが関係してきて、合う、合わないがでてきます。

そのため、白髪を染める前には自分に合うか確かめるテストが必要になります。このページでは、パッチテストについて紹介していきます。


「パッチテストとは」
パッチテストとは

白髪染めをする際に、まず始めに必ずしなければならないことに、パッチテストというものがあります。

パッチテストとは、皮膚のアレルギーがあるかどうかを試験するもので、自分に対して薬剤が危険であるかないかを調べるためのものです。

このテストは、同じ白髪染めの薬剤だとしても毎回しなければいけないので、正直かなり面倒に思われると思います。

ですが、同じ薬剤を使用していても、体質は急に変わることもありますし、場合によっては体質変化に気づかずに使用して体に不調をきたすこともあるため、必ずパッチテストは行うようにしましょう。


「パッチテストの方法」
パッチテストの方法

白髪染めの種類によって多少変わる場合もありますが、一般にパッチテストの方法はどの白髪染めでも変わりません。

まず、ヘアカラー剤の1剤と2剤を少量混ぜ合わせ、二の腕の内側(体側)に硬貨大ほど塗布して、乾かします。

ヘアカラー剤が乾かない場合は、ティッシュやキッチンペーパーなどで押さえて(拭かない)水分を拭き取ります。

その後、30分経ったら塗布した皮膚に異常がないかチェックし、その後、数時間おきにチェックして48時間テストします。その間なるべく洗い落とさないように気を付けましょう。


「パッチテストで異常がでた場合」
パッチテストで異常がでた場合

皮膚に異常がなければ、実際に白髪染めを使用して大丈夫です。

もし、皮膚に湿疹やかぶれなどの異常が出た際は患部を洗い流したうえで、症状がひどかったり、不安であれば医師に診てもらいましょう。

また、パッチテストで異常が起きなかったとしても、実際に白髪染めを使用したら異常が起きることもあります。


その際もすぐに洗い流し、症状が弱くても医師に診せましょう。頭皮などは、腕より被害が出やすいので、そもまま放っておくと、2次的な症状が出ることがあります。


「パッチテストがない白髪染め」
パッチテストがない白髪染め

クリームたいぷのヘアカラー以外のヘアマニキュアや白髪染めシャンプーなどでは、パッチテストがないものが多いです。

テストがないから安全なのかと言えば当然そんなはずはなく、体質によっては、アレルギー反応が起こることがあります。

パッチテストがない白髪染めというのは、あくまで刺激が弱いからなのであって、絶対に安全というわけではありません。


ですので、パッチテストがない白髪染めを選ぶときは成分表のほうもチェックするようにしましょう。


利尻ヘアカラートリートメント髪、頭皮を傷めない利尻昆布の白髪染め!
利尻ヘアカラー

利尻ヘアカラートリートメントは、髪や頭皮を傷めない完全無添加の白髪染め。口コミでの評判は、1回5分で簡単に美しく染まるという即効性。シャンプー後のトリートメント感覚で使うだけだから、いつでも理想のカラーでいられます。

利尻昆布の白髪染めは、トリートメント効果も期待できます。利尻昆布などの天然トリートメント成分が、髪をツルツル・つやつやに仕上げてくれます。そのうえ、超低刺激なので手袋など着用せず素手のまま使える手軽さも魅力です。



免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。また、著作権は放棄しておりません。

Copyright(c) 2010 白髪染めの口コミ・評判ランキング | 染め上がりを体験して徹底比較! All Rights Reserved.
【白髪染め】 種類 ヘアカラー  クリーム 液状 ヘアマニキュア シャンプー トリートメント カラースプレー パッチテスト 初心者 準備

【白髪】 原因 予防 予防に効く食べ物 生え始める年齢 抜く?切る? 抜くと増える? 【若白髪】 原因と対策