〜口コミ体験談で評判の白髪染めを徹底比較!〜

白髪染めの種類

白髪染めには種類があります!
白髪染めには種類があります!

鏡を見ると、どうしても気になってしまう白髪。白髪は、根元から短く切るか、染めて目立たなくすることが一番良い方法です。

今では、美容院や理容院などで白髪染めをやるよりも、コストもかからず手間もかからないことから、自宅で白髪染めをする方が増えていますが、市販されている白髪染めには、いくつかの種類があります。このページでは、白髪染めの種類やタイプについて紹介していきます。


「白髪染めの種類はいろいろ」
白髪染めの種類はいろいろ

市販されている白髪染めは、その用途や状態などに応じて、いろいろな種類のものが用意されています。

持続性のあるヘアカラーをはじめ、一時染めのカラースプレーや頭皮が傷みにくいヘアマニキュアなど様々です。

タイプもいくつかあり、泡タイプ、クリームタイプ、液状タイプとあります。


「ヘアカラー」
ヘアカラー

一番定番ともいえる種類です。アルカリ性の酸化染料1剤と、過酸化水素の2剤を混ぜ合わせて髪の毛に塗り、白髪を染める方法です。

現在は、ムースタイプの白髪染め が出て話題となっています。

髪の毛のキューティクルを壊したあと、内部のメラニン色素を分解して、髪の内部に染料で色をつけて発色させるので持続性が一番あります。


メリットは、髪の毛が伸びたころに染め直すとしても2〜3カ月は持つところです。やはり、髪の毛のキューティクルを破壊して内部に染色を浸みこませているので、頭皮や毛根が傷みやすいです。


「ヘアマニキュア」
ヘアマニキュア

酸性塗料を髪の毛の表面に浸みこませて色をつけるタイプです。髪の毛の内部に影響はないので、髪や頭皮のダメージが少ないです。

メリットは、髪の毛の表面がコーティングされているので、ツヤが出てとても綺麗に仕上がるところです。

ただ、内部に色をつけていないので、ヘアカラーより持続性は短く1カ月程です。頭皮が弱く、ヘアカラーだと刺激が強いといった方にお勧めです。


「カラースプレー」
カラースプレー

髪の毛の表面に一時的に色をつけるタイプです。

色をつけるだけなので、頭皮や毛根にダメージを与えずにすみます。スプレーで色をつけた後、すぐに外出することが出来ます。

メリットは、シャンプーして洗い流す必要がない分、他のタイプよりもお手軽に白髪染めが出来るところです。


ただ、お湯やシャンプーですぐに落ちてしまいますので持続性はありません。外出前に一時的に白髪を染めたいときや、オシャレ感覚として使うことが良いでしょう。


「白髪染めを選ぶ時に大切なこと」
白髪染めを選ぶ時に大切なこと

白髪染めを選ぶ時に大切なことは、自分の髪質に合った種類を選ぶことです。髪質は人によっても異なっています。

白髪染めは髪質によって、染まり方が違ってくるからです。

自分の髪質を理解していないと、染め方にムラが出たり、あまり染まらなかったり、逆に明るくなりすぎてしまったということもあります。


利尻ヘアカラートリートメント髪、頭皮を傷めない利尻昆布の白髪染め!
利尻ヘアカラー

利尻ヘアカラートリートメントは、髪や頭皮を傷めない完全無添加の白髪染め。口コミでの評判は、1回5分で簡単に美しく染まるという即効性。シャンプー後のトリートメント感覚で使うだけだから、いつでも理想のカラーでいられます。

利尻昆布の白髪染めは、トリートメント効果も期待できます。利尻昆布などの天然トリートメント成分が、髪をツルツル・つやつやに仕上げてくれます。そのうえ、超低刺激なので手袋など着用せず素手のまま使える手軽さも魅力です。



免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。また、著作権は放棄しておりません。

Copyright(c) 2010 白髪染めの口コミ・評判ランキング | 染め上がりを体験して徹底比較! All Rights Reserved.
【白髪染め】 種類 ヘアカラー  クリーム 液状 ヘアマニキュア シャンプー トリートメント カラースプレー パッチテスト 初心者 準備

【白髪】 原因 予防 予防に効く食べ物 生え始める年齢 抜く?切る? 抜くと増える? 【若白髪】 原因と対策